アロハ〜!4

 本日は、オアフ島の探索に出かけました。 最初に訪ねたのは、島の中央にある、ドールパイナップルプランテーション。ここで有名なのは、世界で最大規模の迷路らしいけど、とりあえず私たちが向かったのは、プランテーション内を15分かけて巡る電車。ハワイでは、至る所でそうなのだが、この電車もまた、英語、日本語両方の説明が聞けるようになっていた。私たちのような家族には、看板やアナウンスを聞いて、同時に同じ事を理解できるこの環境は、非常にありがたいものである。
al8oh.jpg
 
 ドールプランテーションの後私たちが向かったのは、大きな波で有名な、ノースショアーの海岸だ。私たちが選んだのは、ワイメアビーチ。この地域の静かな海岸では、ウミガメが日光浴に現れると、ワイキキビーチで知り合った地元の人が言っていたが、私たちは、観光客が集まるところしか行かなかったので、出会える事はなかった。このビーチの高波は、海底の造りに寄るものだと、テレビで見たことがあった。確かに、すごい波で、私と綾花は、砂で遊ぶしかなかったけど、トニーは、海に飛び込んで、波にもまれていた。(写真の波のどこかに、トニーがいます。)
aloha6.jpg

 ワイメアビーチですっかり波にもまれ、(本人曰く)「死にかけた」らしいトニーは、今度は、生きている証の空腹を訴えた。ので、海岸沿いに車を走らせ、トラックでエビを料理して食べさせてくれる「ジオバン二」という屋台をめざした。似たようなエビ屋の屋台が沢山あったけど、本家本元(らしい)ジオバン二にこだわる事に。途中数件のフルーツスタンドを通り過ぎ、車の窓から外を眺めていた綾花は、ココナッツを食べてみたいと大騒ぎ。幸い、ジオバン二でココナッツのジュースが売っていたので、早速買ってみた。買う前に、トニーが、
「多分恵美が想像するような飲み物では、ないよ」と忠告を与えてくれたのも関わらず、私は、シャーベット状のココナッツミルクが飲めるものと信じて疑わなかった。人生の経験の浅い綾花も、少なからず、甘いものが飲めると思っていたんだろう。一口飲むと、「Daddy, this was totally bad idea」と一言。残りは、私が全部飲んでいいと、譲ってくれた。イメージが先行しすぎた経験の一つでした。
aloha7.jpg

現在コメントは受け付けていません。.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。