シシリアン ウエデイング

gwedding.jpg

 ジューシーの結婚式は、暑い夏に行われるのは承知の上だったけど、前日から、シシリアは、熱波におそわれ、通常以上に暑い日となった。でも、結婚式は、午後5時半から、披露宴は、午後9時からだったので、まだなんとか耐えられる状態だった。ジューシーは、イタリア人の99%(適当な数字)がカトリックであるように、彼女も、新郎のサルボもカトリックなので、挙式ももちろんカトリック形式で行われた。カトリック家族で育ったトニーには、「イタリアのカトリックは、厳しいから、挙式も長くなるよ」と脅されていたので、心して挙式に望んだけど、これまで出席した、アメリカのものと大して変わりはなく、1時間もたたない間に、挙式は、終わった。
  この挙式で驚いたのは、ゲストのファッションだ。イタリアでは、どこにいっても、ファッションの見応えがあって楽しいのだが、フォーマルなイベントとなればもっと見応えはある。全般的には、マダムと呼ばれる年齢層は、黒でまとめる傾向にあったが、中には、トルコブルーのレースのすけすけのドレスをきて、下着もちゃんと見える事を計算尽くした物を選んでこられた、推定年齢50代後半のマダムなどいらして、度肝を抜かれた。私と同年代の、ジューシーの友達は、緑やブルー、ゴールドなど、華やかなドレスに、靴とバッグも素敵な物をあわせて、ファッション雑誌100冊くらいの見応えがあった。
 肝心のジューシーは、といえば、こった刺繍のレースの袖のついた、ハイウエストのドレスで、ギリシャ神話に出てくる女神のような感じだった。赤いバラのブーケは、挙式前日まで、迷いに迷った結果、決めた物だった。白いドレス、黒い髪、赤いバラの強いコントラストが、情熱的で気の強いジューシーを物語っていた。
 披露宴は、海辺のコテージの庭に、キャンドルライトを沢山ともして、行われた。イタリア人は、ファッションだけでなく、ムードづくりにかけても天才的で、披露宴会場についたとたんに、トニーが恋しくなってしまった。同じテーブルに座った、北イタリアから来た、ジューシーの職場の同僚の、シモナも、「彼が恋しいわ」と、同じような事を言っていたので、それを機に、彼女と色々お話が出来た。幸いにも、シモナは、イギリスへの留学経験があり、英語も話せたのだ。
 ムードも満点なら、食事にも満足。そして、10年前、5年前に来たときに知り合った、英語のはなせない友人と、身振り手振りでの会話に花を咲かせ、あっと言う間に楽しい時間は、過ぎていった。披露宴の終わりになって気がついたが、イタリアでは、披露宴でダンスをしなんだなあ。夜通し踊ってお祝いするのは、アメリカくらいなのだろうか?新たな疑問が浮上しながら、披露宴の会場を後にした。

写真は、ジューシーと弟のぺっぺ。挙式に向かう直前。

広告

シシリアンサマー

piazza.jpg
 日本でも夏は、各地で多くのイベントが開催されるが、私の訪れたシシリアのアヴォラでも、滞在中の約3週間、毎週末何かしらのイベントが行われていた。イベントが行われるのは、街の中心にあるピアッツア(広場)。イタリア旅行を経験した人なら、たいていお気づきかとは思うが、イタリアの街には、なんとか広場、と呼ばれる広場が非常に多い。シシリアでは、暑い夏の夜、この広場に繰り出して、知り合いにあったら、話でも、というような社交場のような使われ方をしている。
 さて、私が滞在させていただいた友人のジューシーの家は、アヴォラの中心の広場の一角にある建物の3階である。よって、広場で何か行われると、それはそれは、賑やかである。広場にステージが設置され、ダンスなどのショーがあれば、バルコニーから眺められたりもして、なかなか便利でもある。ある夜は、イタリアの有名シンガーのコンサートが開かれ、コンサート時間間際になると、コンサートを特等席から見ようと、お客さんが3、40人程やってくるのである。こんな風に書くと、非常に良い環境のように聞こえる。が、イタリアの夏の夜は、長く、たいてい広場のイベントが始まるのは、夜10時位から。滞在中最後まで、イタリアの夜時間に対応できなかった綾花には、このイベントは、迷惑の何者でもなかった。10時位に、目がとろとろしてきて、さあ寝ようと思った矢先に、コンサートやら、ダンスやらが始まるのである。眠りたいのに眠れない状態が続き、綾花は、非常にヒステリックになってしまった。 
 極めつけは、ある金曜から土曜の明け方に起こった。なんと、自転車レースのゴールが、この広場だったのだ。どこからどのくらいかけて、アヴォラにたどり着いたのか知らないが、夜10時過ぎから、次々と自転車に乗った人々がやってきた。私たちは、10時半から夕食に出かけ、「戻ってくる頃には、レースも終わっているでしょう」なんて考えていたのだけれど、朝1時に戻ってきても、終了どころか、ますます自転車に乗ってゴールをめがける人は、増えている。結局部屋に戻って、寝ようと試みるが、大きなアナウンスの音のせいで眠れないので、バルコニーに出てレースの様子を眺める事、2、3時間。レースが終了したのは、朝3時。その後、律儀にも、表彰式まで行われ、私が眠りについたときには、空が明るくなっていた。幸いこの晩は、綾花は、このような騒音にも関わらず、よく眠ってくれた。シシリアの夏は、気温も人々も暑く燃えていた。

ジューシー

giusy.jpg
 今回のシシリア訪問の一番の目的は、友人のジュージーの結婚式に出席するため。時間の経過は、早いものでジューシーとのおつきあいも17年である。出会ったきっかけは、イギリスのケンブリッジにホームステイした先が一緒だったこと。それから、何度かお互い訪ね合ったり、手紙のやり取りをして、友情を深めてきたという訳である。 私たちの会話は、お互いに第二外国語である、英語で、なかなか会えない環境であって、こんなに長く友情が続いているのは、やはり相性がいいからだろう。今回も、6年ぶりの再会であっても、あった瞬間から、以前別れたときの続きが始まるという感じで、会話もスムースにすすんでいく。
 しかしながら、今回は、私たちの会話の内容も、これまでと比べ若干変化が感じられた。なんと言っても、私は、子持ち、ジューシーも妊娠5ヶ月という事で、私たちの会話は、たいてい ”子育て” ということになった。ジューシーは、子供の英語教育に強い関心を抱いていた。なんと言っても、英語の文法の先生なのだから、当然と言えば、当然だ。それともう一つ、「子供には、世界の色んな国を見せたい」という希望があった。こんな点が、私にも共通する。だから、お互い違う環境で育って、滅多に会うことが出来なくとも、友情が続いたのかな、なんて思ったりもする。
 さて綾花もジューシーには、すっかりなついて、イタリア滞在中には、ズイーア、ジューシー(ジューシーおばさん)と、つきまとったりしていた。そして、ジューシーの赤ちゃんが生まれたら、今度は、ジューシーが子供と一緒にアメリカに来ると約束したので、その日がくるのを、今から心待ちにしている。

イタリアへ無事到着、でも……

 イタリア旅行は、出足からつまずいてしまった。日本旅行の時差ぼけがなおらないまま、ふらふらの状態で出発したのだが、私たちの体調のみならず、飛行機までもが不具合なものだった。 まず、デトロイトを午後7時35分に出発するはずの飛行機は、7時15分を過ぎても搭乗手続きの気配がないどころか、ゲートに飛行機の姿さえ見えない。結局、2時間待っての搭乗となった。もともと、7時半のフライトだったので、夕食は機内でと考えていたので、この2時間の遅れに、綾花のおなかは、耐えられる事もなく、結局空港のマクドナルドで食べる事に。
 しかし、何よりも気になったのは、ローマについてからの乗り継ぎ便だ。到着後、1時間で次の飛行機に乗らなければいけないのに、飛行機は、1時間どころか2時間も遅れての出発である。デトロイト空港のカウンターで問い合わせてみても、「大丈夫、イタリア国内線は、沢山の便があるので、きっとほかの飛行機に乗れますよ」と、既にイタリアを思わせるような対応ぶりだ。まあ、ケセラセラ(なるようになるさ)と、気持ちをを切り替え、いざ、イタリアへ出発。
 結局最終目的地、カターニャには、4時間遅れで到着。迎えに来てくれているはずの友人は、妊娠5ヶ月という事もあって、家で待機。そのかわり、彼女のフィアンセが待っていてくれた。彼は、英語が話せない。私のイタリア語も、非常に怪しい、よってカターニャ空港から、目的地アヴォラまで、ほとんど無言の1時間を過ごすことになったのだった。
 

イタリアへ

14日に、日本より帰国して以来、毎日、昼夜逆だったり、変な時間に起きたり寝たり。 時差ぼけすら、全く定まらず、一日がいつから始まっていつ終わるのかも、把握できない生活が続いている。そしてついに、今日は、イタリアへ出発だ。当初、ナイトフライトを喜んでいたものの、今の時差ぼけ状態では、ナイトフライトどころか、早朝フライトになりかねない。現在、朝7時過ぎ。夕べの11時に、ひょっこり起きて遊び続けている綾花につきあっていたのだ。これからきっと眠くなるだろうに、このまま寝たら、フライト時簡には、起きられないような。うーん、どうしよう。

I 'm in The U.S.A.!

tasteofamerica.jpg

一昨日、無事アメリカに戻りました。乗り継ぎのデトロイト空港で、空港の避雷針に落雷があり、一瞬、限られたエリアだったが、停電がおこった。そのため、駐車中の飛行機の電気系統への影響の可能性があるという事で、検査するため、乗り継ぎ便の飛行機は、1時間の遅れだったが、それ以外は、特に問題はなかった。私の利用するノースウエスト航空とは、もう長い付き合いである。これまでに、もっとひどい経験があるだけに、この程度の出来事は、まだまだかわいいものなのだ。乗り合わせていた乗客も、そんな感じであった。

さて、いつもの事ながら、私と綾花は、ばりばりの時差ぼけで、お日様の出ている時間は、すっかり夢の中。トニーが仕事から帰ってくる頃になって、起きて活動開始。そこで、早速、私たちの朝食兼、トニーの夕食を食べに出かけた。日本旅行の後は、アメリカでは、何も食べたくなくなるのだが、自分で作るのも嫌なので、毎度の事ながら、嫌々ながらレストラン選びをするのだ。今回は、新しくオープンしたデリに行くことにした。朝食メニューもあったけど、数日後にイタリア行きも控えているので、ここは、思い切りアメリカンなものを注文する事に。アメリカンといえば、ハンバーガーである。これぞ、アメリカン!私は、今、確かにアメリカにいるのだ!

チャイルドミール

childmeal.jpg
ロングフライトの飛行機に乗ると、必ず出てくるのが、機内食。2001年のアメリカでの同時多発テロを機に、大きな航空会社は、赤字が続き、機内のサービスは、テロ以前と比べ物にならないくらい低下した。私の利用しているノースでは、なんと、国内便のスナックは、お金を払わなければ、食べられない状況にまで至っている。

そんな状況の中、機内食を楽しみにするどころか、まあ、食べられればいいか、程度の存在にまで落ちぶれてしまった。 ところが!今回、日本からアメリカに帰るフライトでは、子供用(チャイルドミールと呼ぶ)の食事は、なんともまあ、かわいいものだった。綾花も、これで5度目の日本への旅なのだが、こんなキュートな、チャイルドミールは、始めてであった。なかなか、やるじゃないか、ノース君!いやいや、これは、単に、出発地が日本だからって言う事の方が、重要な要素なのでは?まあ、とにかく、びっくりの経験でした。

前へ 過去の投稿