子供の心理、犬の心理

以前、流し読みした、子供の心理学の本の中に、こんな事が書かれていました。

お姉さん(またはお兄さん)になった子供達は、それまで独り占め出来ていたお母さんの愛情を、妹(又は弟)に向けられてしまう事で、精神的にかなり不安定になり、それに加え、周りの人までもが、赤ちゃんに注目する事で、孤独感が一層高まっていく。なので、周りの人は、子供が自分から話しだすまでは、赤ちゃんの事は、口にしない事が大切だということ。

この記事を読んでいて思い出したのが、飼い犬と新生児の関係について。私達に、綾花が生まれた時、それまで思いきり甘やかしていたシェルビーの事がとても心配で、色々調べた結果、私達は、次のような手段を使った。シェルビーにいきなり赤ちゃんを見せつけるのでなく、シェルビーのいない間に、赤ちゃんを家の中に入れ、シェルビーが、見つけた、という状況にした。これは、ペット心理の本等にすすめられていた方法で、まわりの多くの人がこの方法をすすめてくれた。これが効果をなしたかどうかは、疑問ではあるが、本能のままに行動する子供の心理は、犬のものと共通するのだなあ、と改めて思うのでした。