アメリカの芝事情

ここ数日、曇りがちで、灰色の空をした日が続いている。この薄暗い悲しげな空に、ひときわ映えるのが、新芽の美しい黄緑をした、芝生だ。 アメリカ映画等で、庭一面、見事な芝が敷かれている光景を見た事がある、という人は、多いと思う。これは、決して映画のためでなく、アメリカの家には、芝の庭は、つきものなのである。そして、映画で見るような、あの美しい緑の絨毯は、決して珍しいものではない。

さて、本日、出かけ先から家に戻る時、近所の道を運転していて、目についたものが。それは、近所の美しい芝生。私達のすんでいるブロックのほとんどの人々は、老後の生活を満喫している、ご老人達。その中で、子供がいる家庭は、我が家のもう一軒だけ。そして、それを語らずして分かる方法が1つ。この家と家の芝だけ、タンポポがきれいに咲いている。その他の家の庭は、見事な緑の芝生の絨毯なのだ。

日本からやって来た私には、芝生の手入れ、とは、いったい、どんな事をするものなのか、全く分からず、主人の主張する、「化学薬品を庭には、使わない」意見に、曖昧に賛成して来た。その結果が見事に現れている。どこの家でも、春先に、芝生の手入れをする業者や、家主が、何やら薬をまいているのを見かけるのだが、これは、春先、雑草がまだ活動を開始する前に、除草剤混合の芝生の肥料をまくという事だった。どうりで、お見事。境もなくつながっている、お隣の家の芝には、雑草が全くない。それにしても、お隣さんは、我が家の雑草の占領具合をみて、いつ自分の庭に入ってくるか、ハラハラドキドキだろう。
春の手入れの次は、初夏の手入れ、そして夏には、毎日水をまき、秋にも更に手入れ。芝の手入れは、ほぼ3シーズンに及ぶのだ。こんなこと、余程暇で、好きでないと出来ない。でも、おばあちゃんの一人暮らしのお宅でも、ちゃんと業者を雇って、手入れをしている。やはり、芝の手入れというのは、常識なのだろうか?

さて、我が家では、今年、見るに見かねて、私が、「化学薬品使用は、年に3度程は、いいでしょう」「それより、我が家の庭の手入れの怠りに寄って、このブロックの評価各を下げるのは、申し訳ない」と主張し、春先の肥料まきをしてもらった。まあ、至る所にひろがったタンポポや雑草を、一気になくすのは無理だけど、少しづつ地道に、美しい芝生に変えてゆきたいわ。

広告

凛ちゃん、お誕生日おめでとう

lynn.jpg
今日は、綾花のお友達の、誕生日パーテイーでした。ピンク好きで名高い凛ちゃんだけに、用意されたお皿やコップをはじめ、視線を3センチずらせば、新たなるピンクのものが現れるような、パーテイーだった。(大げさか)でも、極めつけは、ピンクのバースデーケーキ!子供達の反応もそれなりだったけど、お母さん達、特にNさんの心のときめきようは、すごかった。
さて、主役の凛ちゃん。さすが、4才!頂いたプレゼントを、ちゃんとお友達とシェアー出来、しっかりしたお姉さんです。綾花にとっては、良いお友達、そして良い、見本として、これからも、仲良く遊んでいただきたいものです。

ところで、紀子さん。立て続けのパーテイーでさぞかし大変だった事と思います。今夜は、ゆっくりお休み下さいませ。

愛地球博

6月の日本への帰国の際、JRパスを使って、関西から関東を、10日間程かけて旅行する計画を立てている。
JRパスは、JRが外国人向けに発行している、言ってしまえば、東海道新幹線のぞみ以外は、乗りたい放題の周遊券である。私は、(日本に帰れば)外国人でないけど、他国の永住権を保有している人も、使用可能なので、使えるというわけだ。このパスは、1週間、普通車専用で26,000円程度。新幹線や特急の指定席まで無料で押さえられる特典付き。しかも、JRでは、6才以下の子供は、無料なので、親子三人で、かなり低価格で、日本国内旅行が楽しめる。

さて、今回の旅行のメインイベントは、愛地球博、愛知県で開催されている、万博だ。本日、日本への飛行機の切符も購入したので、本格的に旅行の計画を練り始めた。万博のサイトを見てみると、色々ありすぎて、すぐに把握するのは、無理だけど、とりあえずミッフィーの展示がある、オランダ館は、チェックしてみた。さらに、大きな発見は、なんと、となりのトトロの「メイとさつきの家」が再現されていると言うでは、ありませんか?トトロと言えば、最近の綾花のお気に入り。もう、これには、行かない手はない。しかし、なんと、この家をみるのに、事前予約が必要だという。しかも、私達の行く予定の日の予約は、4日前から開始されいる。これは、官製はがきでの応募のため、実家の母にお願いした。当たるといいなあ。

それにしても、この万博、公園内を効率よく回るためにも、事前の勉強は、かなり必要である。こうなると、結構のめり込むタイプの私は、当分、万博のサイトを熟読すること間違いなし。うーん、子連れで、どこまで制覇出来るだろうか? 

お猿さん達

zoo.jpg
本日は、雪。しかも、水分を沢山含んだ雪。これまで暖かかったけど、やはり、この地域では、こんな事は、普通なのである。まあ、そんなわけで、今日は、綾花とお友達の瀬里菜ちゃんを誘って、屋内で楽しめる、クリーブランド動物園内にあるレインフォレスト(熱帯雨林)館に行って来ました。

ここは、館内を熱帯雨林のような気温設定にしてあるので、湿気があって気温も結構あるので、冬の長いこの地域に住んでいる私達にとっては、非常にありがたい存在である。
季節柄か、数種類のおさるさんに赤ちゃんがいて、赤ちゃんの様子を眺めていると、なかなか面白い。なかでも、子供がお母さんの周りを飛んだりはねたりして、落ち着かず、お母さんが、「うるさーい、あっちにいきなさーい」なんて感じで歯を剥き出しにして怒っている姿には、非常に共感を持てたりしました。

弓が踊る

綾花と2人でヴァイオリンのレッスンを開始して、早くも1ヶ月半。今では、私自身の課題をこなすのに精一杯で、綾花は、ほとんど楽器に手を触れていません。 まあ、私が、ある程度の経験をした方がいいような気もするので、これは、これでよし、としておいている。

ところで、ヴァイオリンとは、本当に気難しい楽器で、同じ音をだしているつもりでも、弦を押さえる指の角度が1度ずれただけでも、全く違う音が出たりする。ピアノのように、ドの鍵盤に指をおけば、ドが出るわけでなく、自分で正しい音を聞き分けなければならないので、音感の悪い私には、自分のだしている音が正しいのかでさえ、分かっていない。

実は、私は、昔ピアノを6年間習っていた。ピアノを習っていた経験のある人なら誰でもご存知の、バイエル上下。実は、6年間習っていて、下巻を終わらせていないのだ。しかも、今となっては、弾ける曲は、猫ふんじゃった、だけ。なので、自分には、音楽的な才能は、全くないものだと思い込んでいた。しかし、私にレッスンして下さっている先生も、実は、ピアノが苦手だという話を聞き、人と楽器にも相性があると言う事を知った。そして悟ったのが、いったん音を調律したら、そう簡単には、直しの聞かないピアノより、その場、その場で、自分の音感を便りに、いわば、DIY(Do it yourself)で、誰にでもトーンを合わせる事の可能なバイオリンは、私の性格そのものではないか?(ただし、今の所、自分の音感を頼りにしたら、とんでもない事になってしまうのだが)

さて、鈴木メソッゾのレッスンのすばらしいところについて、ちょっと書かせてもらおう。この方式では、レッスンをはじめてしばらくは、楽譜を見る事をしない。鈴木先生の引かれたバイオリンの音楽を繰り返し繰り返し聞いて、その真似をする。これは理にかなっている。音楽とは、音感とリズムからなっている。レッスンをはじめたばかりの人間にとって、譜面だけをみて、音感とリズムが手に取るように理解出来るだろうか? 
ピアノを習っていた時には、譜面の音符を音に変えることに時間が取られ、音楽を楽しむまでに至らなかったけど、今、バイオリンでは、音では苦労しても、最初からリズムを作る事に集中できて、音楽を作っている!と言う満足感が得られる。そして、私の得意な、「イメージトレーニング」が非常に深く関わって来るのも、嬉しい。この3日程、どうしても奏でられないリズムをどうしたら作れるのか、バイオリンを弾きながら、そして、先生の音を聞きながら、先生の弾き方を想像して、試行錯誤していた。そして自分なりに行き着いた考えは、「弓を踊らせよう」。その後は、弓を踊らせる事に集中して練習してみると、思った通りのリズムが弾けるようになっていた。まるで狐につままれたような、この不思議な感覚は、経験してみないと分からないだろうが、非常な快感をもたらしてくれる。こんな感覚を味わい人には、是非鈴木メソッゾでバイオリンを習う事をおすすめしたい。

シェルビーの思い出 〜羊追い編〜

mamashelby.jpg
シェルビーとお別れして、1ヶ月が過ぎました。あのときは、雪が残っていて、”冬”という感じだったけど、今ではすっかりり、暖かくなって季節も変わり、たった1ヶ月だけど、随分前の事のように感じます。

昨日は、朝から暖かだったので、裏庭のポーチで朝食を食べていたら、急に小さな竜巻みたいな風が、一瞬駆け抜けて、木の枝を揺らして行ったので、つい、シェルビーが遊びに来たんだ、なんて思ってしまいました。
シェルビーは、ベルギーシープドッグという、羊を追う目的で繁殖された犬種だ。もちろん、シェルビーは、特別な訓練等受けていなかったので、羊を追う事等出来なかったけど、習性がそうさせたのか、2度程、羊でなく、猫と綾花を追った事がある。
1度目は、ベアーが家から初めて脱走した時。それまで外に出た経験のなかったベアーは、動転して隣の家の植木のしたに潜り込んでしまった。それを、シェルビーが見つけて、ベアーの周りをぐるぐる回りながら、玄関まで追って来た。
2度目は、綾花がよちよち歩きをはじめた、2年前の秋の事。隣の公園のサッカーグラウンドの真ん中で綾花を歩かせ、私がちょっと離れたら、グループがバラバラになったものと思ったのか、綾花の周りをぐるぐる回って、徐々に私の方に導こうとしていた。でも、綾花は、羊ではなかったので、シェルビーに追われどころか、周りでぐるぐる回るシェルビーをみて大喜びし、しまいには、しっぽを捕まえようと、シェルビーを追い始めた。
シェルビーは、罪悪感を感じたり,困った時には、耳を後ろに倒して、顔を下に向け、独特の上目遣いで私を見る表情をしたが、そのときも、そんな目をして、「失敗してしまいました」みたいな感じだった。

最近では、隣の公園に沢山の犬が来て、それぞれ飼い主と楽しそうに遊んでいるので、そんな光景を見ていると、シェルビーと遊んだ事を、ついつい思い出してしまう。

発芽

hatuga.jpg

先日の種まき後、早くも、ルピナスの芽がでました! 出たのは、3つ。想像していた以上に大きな葉っぱで、ちょっとびっくり。この調子で、他の種も、芽を出してくれると良いなあ。

前へ 過去の投稿