色を教える本

coloers.jpg
娘が1才半くらいの時に、色について教えようと思って選んだのが、「6つのいろ」。「ヘビが、赤と青を食べたら、お腹の中でぐるぐるとなって、紫が生まれました」という具合に、3色の原色のうち2色を組み合わせて、何色が出来るのか、面白く紹介しています。デザイン研究所の先生が描かれた本だけに、赤と青は、マジェンダレッド、サイアンブルー、と本来の原色の色を再現している所に、感激しました。
「Mouse Paint」は、図書館で娘が探して来た本である。3匹のネズミが、赤、青、黄色のぺんきの瓶の中に入って遊んでいるうちに、新しい色が生まれるというお話。文章も割と単純でリズミカルなので、英語の苦手なお母様方にも、ちょっと練習したら、楽しく読めると思う。家の娘は、この本が相当気に入ったようで、時々独り言で、この話をつぶやいています。